KANA-BOONのまとめ集

KANA-BOONのブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

古賀隼斗Koga Hayato 4110

古賀隼斗 - 古賀隼斗

まだ情報がありません。

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・古賀隼斗のまとめ集

古賀隼斗のブログ

3年前
ニコ生
今回はニコ生の話を。 僕はニコニコ動画が大好きで、ニコ生をやって頃もあったのですが やっていくうちに、メンバーやマネージャーに反対され辞めてしまったのですが 正直別に俺はニコ生をやる..
3年前
のしあがっちゃるけんブログ
というものが、KANA-BOONオフィシャルサイトで始まって以来 こちらでの更新をしていませんでした。 もともとブログを書く習慣が著しく無い僕にふたつもブログを書けるわけないのです。 ..
5年前
お久しぶりです。
なぜかこんな時間(夜中3時)に目が冴えてしまったので 久しぶりにブログを書きます。 こんな時間に書くと、黄昏た事書いちゃうからずっと残っちゃうブログに書いちゃうと 後々すごく恥ずかしいんだ..
6年前
名前決定!
こんにちはー! ここまで楽しいものとは思いませんでした、ニコ生。 初放送をしたのですが、ボリュームがアレしたり ゲーム画面が写らなかったり 声が聞こえなかったり大変でした。 しかし、後..
6年前
消えかけた信頼。
・・・20XX年5/4。 とある町のある男が折りたたみベッドを注文した。 そこからが事件の始まりだと 誰が知るよしもなく。。。 第一話「消えかけた信頼」 「よし、今日もが..
6年前
消えかけた信頼。
・・・20XX年5/4。 とある町のある男が折りたたみベッドを注文した。 そこからが事件の始まりだと 誰が知るよしもなく。。。 第一話「消えかけた信頼」 「よし、今日もが..
6年前
開通!
今日からネットが開通しました!! パソコンの他、PS3もネット開通しましたーー!! これで自立しゃもじも、喜んでくれ。。。 あれ。 パソコンの..

古賀隼斗のtwitter

23時間前

@kanaboontuna

12月19日リリース ミニアルバム「ネリネ」 発売まであと8日!
新しいKANA-BOONが垣間見れる曲です。 MVも個性的なので、よろしくどうぞ!
23時間前

@kanaboontuna

RT @natalie_mu: 面接で嘘をついたら人気映像作家になってしまった山岸聖太|個性派クリエイターの異色すぎる経歴(動画あり) natalie.mu/music/column/3… #映像で音楽を奏でる人々 #星野源 #KANABOON #nogizaka46
2日前

@kanaboontuna

RT @TOWER_Shinjuku: 【#新宿かなぶーんチーム】12/18(火)入荷、冬のミニアルバム『ネリネ』ご予約受付中!❄️昨日、リード曲「ネリネ」のMVが公開されました✨「箱入り娘」の旅立ちをテーマにした面白い作品💃これからあと2曲も公開されるなんて贅沢ですね☺️入荷…
2日前

@kanaboontuna

RT @_kanaboon: 12/19リリースのミニアルバム「ネリネ」より、新鋭映像作家・加藤秀仁(監修:山岸聖太)による「ネリネ」のMVを公開!
この作品は「株式会社コエ」オーディションとKANA-BOON&ASIAN KUN…
2日前

@kanaboontuna

@maggiee___mae おめでとーー!!
2日前

@kanaboontuna

RT @_kanaboon: 【55ツアー!】 折り返し!28本目!徳島ありがとうございました〜!! 初ワンマンとは思えない空間でした! また来れるよう頑張ります! お次は埼玉! よろしくです!( ´ ▽ ` )ノ
3日前

@kanaboontuna

いいライブだったなあ。 みんな、勢いが凄かったねえ。 負けずとライブした。 この28公演で培ったものをぶつけたライブだった。 徳島THANKS。

古賀隼斗の関連動画

2014/12/19
LINEステージ KANA-BOON編 -古賀隼斗(Gt.)-

古賀隼斗のQ&A

11年前
有名な軍歌を教えてください
リハビリ系の養成校の学生です。 今度、とある慢性期病棟で評価実習をさせていただくことになり、先輩から「歌謡曲と軍歌をいくつか覚えていた方がいいよ」とアドバイスをいただきま...

KANA-BOONのまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

KANA-BOONについて

KANA-BOON(カナブーン)は、日本の4人組ロックバンド。

出典:Wikipedia

公式ホームページ

公式blog

公式twitter

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク